委員会の役割

地域社会奉仕委員会は、2750地区内クラブが行っている、社会奉仕活動の内容を調査し、各クラブがより良い奉仕活動を出来るように、情報提供を行います。
特に今年度は、コロナ禍において、各クラブがどのような対策を講じつつ、地域社会に貢献しているかを調査し、奉仕のアイディアの提供に努めます。

年間スケジュール(2021-22年度)

① 2022年3月23日 2022年3月23日に奉仕のつどいを行う。

※ 新型コロナウィルス感染症等の状況により変更になる場合があります。

ロータリアンへのメッセージ

「奉仕」と「親睦」が、ロータリーの両輪だと言われていますが、奉仕活動、とりわけ身近な問題に取り組む「社会奉仕活動」は、ロータリアンとしての意識を高める大切な活動だと思います。
自クラブの活動だけではなく、他クラブの活動を知る事によって、効果的な奉仕活動のアイディアを産み出し、より良い社会を作っていきましょう!!

ロータリーに関心をお持ちの方へ

ロータリークラブと聞いてどのようなイメージを持ちますか?
「ロータリーなんて聞いたこともないよ」という人もいれば、
「確か、毎週集まって、お昼ご飯を食べている会だよね?」という人も居るかもしれません。

実は、私たちロータリアンが毎週集まっているのには訳があるのんです。
毎週、顔を合わせることにより、お互いの人となりを知る事ができます。
人となり、価値観がわかり、趣味の活動等を通して「親睦」を深めることにより、自分たちだけではなく、「世の中の皆さんが、より楽しく幸せに暮らせるように貢献したい」という欲求が生まれてきます。

そういった社会貢献の機運が盛り上がり、協力し合える仲間が集まる事により、継続的な奉仕活動が実現すると私たちは考えています。

「自分も何か、地域や社会の役に立ちたい!」とお考えの方は、是非、ロータリークラブを見学に来てみてください。きっと、素敵な出会いが待っていますよ。

委員会メンバー

委員長 :太田 嘉正(東京中央RC)
副委員長:舘  和博(東京中央RC)
副委員長:海老澤克昌(東京蒲田RC)
委員  :遠藤 園子(東京グローバルRC)
     金田 治 (東京中央RC)
     山﨑 隆行(東京田園調布RC)
     松井 千秋(東京恵比寿RC)
     山田 清 (東京山の手RC)
     國井 和生(東京町田・中RC)
     清水 輝明(東京小金井RC)
     三浦 信宏(東京武蔵府中RC)